⑩子育ってってむずかしい!!!!

こんにちは、室長です。
 先日、新型コロナ感染症のワクチンを接種しに、グランキューブ大阪に行ってきました。朝9:30予約ということもあり、9:45にはすべて終了しました。
 副反応は、腕が上がらないくらい痛くなったぐらいでした。いろんな副反応が報道されているので、不安でしかなかったです。しかし、基礎疾患があるので、新型コロナにかかるほうが怖く接種しました。正直腕が痛くなるぐらいで良かったです。また、一回目接種の後に二回目もその場で、予約できるのでありがたかったです。
 ワクチンが一刻も早くみんな打てるといいなと思っています。
 今日は、家族関係の事で書きたいと思います。
 中学生や小学校の高学年になると、特に男の子は、親にいろんな話をしなくなるという話をよく聞きます。
 実際自分もそうでした。なぜ話さなくなるのか・・・私の場合は、半分大人になった気になり、母にいろんなことを話すのが、恥ずかしくなったり、カッコ悪いと思っていました。思春期特有のものでしょうか??
 そこで皆さんは、お子さんにどうかかわっていますか?
① 今の現状を執拗に聞く
② 話すまで待つ
私の場合は、話すまで待ってほしかったです。
おこさんによって、①がいい場合もありますが、②の場合もあります。結局はこどもだからと言って、親が考えるように動かすのは大きな間違いだと思います。こどもさんも
意志ある人間です。対等に扱いにくいかもしれませんが、自分のこどもだからではなく、一人人間として、向き合ってみるのも話しやすさや、相談しやすさの空間を作る一つではないでしょうか。
 また、学校や習い事の先生に、こどもの話を一夫的に聞いて伝えるのも、必ずお子さんの了承を得たほうがいいと思います。
 その時に、「これ以上ひどくなったり、親が許されなくなったら学校に相談するよ」や「親はあなたの味方」などおこさんに限界の設定と、味方であるという認識をもたせ信頼関係を気づくことも重要であると思います。
 ただし、頭の中では、ひょっとしたら、自分の子供は全部、親に伝えていないかもしれないということは、頭においておくべきだと思います。先ほど書いた。一人人間であるということに通じますが、大人の世界では、全部その人が言っていることが本当かどうか勘ぐることもありますよね。それと同じだと思います。
 私はシングルなので難しいなと思うときもあります。しかし、自分の中で、一人間として対応することと、話を聞く。自由にさせる。を目標に頑張っています。
 皆さんも子育ては、とても難しいですが一緒に頑張りましょう。

2021年06月25日